全987文字

「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。

 クライアントとの打ち合わせまであと30分。部下の磯山氏とカフェに入った佐藤部長は、ノートパソコンで情報収集に余念がありません。

佐藤部長:うーん。

磯山:どうかしましたか?

佐藤部長:いや。打ち合わせで使えそうな情報を探していたら面白い記事を見つけてしまって。

磯山:本当だ。今回の企画にも役立ちそうな話ですね。

佐藤部長:そうなんだ。まだ始まったばかりの連載で続きが楽しみだが、いつ更新されるかわからないからなぁ。

磯山:それなら、フォローしておけばいいと思いますよ。

佐藤部長:フォローって、何?

磯山:連載をフォローすると、更新されたときに通知が表示されるようになるんですよ。

 「フォロー」の意味は「後を追いかけること」。気になる記事を見つけたら、フォローしましょう。記事の連載には「連載をフォロー」、オンラインゼミナールの連載には「講座をフォロー」、Raiseの連載には「シリーズをフォロー」ボタンが表示され、フォローすると更新時に通知が表示されるようになります。不定期に更新される記事の見逃しを防ぐのに効果的です。

連載や講座などをフォローするには、記事右上に表示される「連載をフォロー」、「講座をフォロー」ボタンを押す
フォローしている記事が更新されると、PCでは画面右上のユーザーアイコン、スマホではボトムナビ(画面最下部に固定されるメニュー)の「マイページ」に赤い丸が表示される。PCの場合はマウスポインターを合わせると更新情報を確認でき、当該記事にジャンプすることもできる

 Raiseの議論も同様にフォローすることができます。Raiseは特定のテーマを持った「シリーズ」で構成されており、シリーズごとにテーマに沿った「議論」が行われています。シリーズをフォローすると、同じシリーズで新しい議論が始まったときに通知が表示されます。議論をフォローすると、ユーザーから新しいコメントが付いたときに通知が表示されます。

シリーズをフォローするには、シリーズ名を選択して議論一覧を表示させ、「シリーズをフォロー」ボタンを押す
「議論をフォロー」の場合は、その議論にコメントが付いたときに通知が表示される

 フォロー機能を利用するには、日経ビジネス電子版の会員登録に加えて、日経BPが運営する基盤である「リゾーム」への登録が必要です。リゾームにプロフィールをご登録いただくことで、日経ビジネス電子版や日経クロストレンドなどのデジタルメディアで、コメントの投稿や記事のフォローなどが可能になります。登録は無料で、いつでも退会することができます。

 リゾームに未登録の状態でフォローボタンを押すと、リゾームの利用登録画面が表示されます。プロフィールなどを登録したうえで、フォロー機能をご利用ください。