東レの日覺昭廣社長は米国とフランスの子会社で経営を経験し、今も世界の経営システムを研究している。米国の金融資本主義は、株主価値だけを求めるために格差を拡大するなど様々な歪みを生んでいると批判。日欧の経営システムはそうした米国型経営とは一線を画しており、社会貢献を重視する経営を進めるべきだと主張する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3624文字 / 全文6050文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題