三菱ケミカルホールディングスの小林喜光会長は2007年の社長就任以降、常に事業ポートフォリオを見直し、数々のM&A(買収・合併)を仕掛けてきた。しかし、自社や日本企業全体を振り返り、事業構造改革は不十分だという認識だ。小林会長に日本企業の構造的な問題点を聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1817文字 / 全文1831文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題