提供:ベネッセホールディングス

「人とテクノロジーの融合」がもたらす“化学反応”とは? ベネッセの介護事業では、スタッフのスキルアップとご入居者のQOL向上のために「マジ神(*)AI」の開発に取り組み始めた。高スキルを持つ介護スタッフ「マジ神」とデータサイエンティストに、開発秘話を聞いた。
*マジ神:ベネッセスタイルケアの社内資格制度で介護の高い専門性と実践力を認定された介護の匠

根拠ある行動・視点だからAIに活かすことができる

「マジ神AI」の開発を通して感じていることを教えてください。

宮下ゆかり氏(以下、宮下):AIやDXの力を使って、何か全国の介護スタッフの方の支援ができないかと考えたのが、「マジ神AI」開発のきっかけでした。始めてみれば、予想を超える気づきがありましたね。

<span class="fontBold">宮下ゆかり氏<br>ベネッセホールディングス DXコンサル室 データサイエンティスト</span><br>2019年コンサルティング会社から転職。「マジ神AI」の開発にあたり、介護スタッフのスキル向上とご入居者のQOL向上のためにテクノロジーの活用を深化させている
宮下ゆかり氏
ベネッセホールディングス DXコンサル室 データサイエンティスト

2019年コンサルティング会社から転職。「マジ神AI」の開発にあたり、介護スタッフのスキル向上とご入居者のQOL向上のためにテクノロジーの活用を深化させている

枝松裕子氏(以下、枝松):そうですね。宮下さんと話すうちに、私たち「人」が力を発揮する場所とAIやロボットなどを活用すべき場所のすみ分けが見えてきました。

<span class="fontBold">枝松裕子氏<br>ベネッセスタイルケア 専門性開発部 介護職(マジ神)</span><br> 2009年入社後、有料老人ホームの介護職として勤務。あるご入居者のケアに苦慮していたホームで、そのご入居者から笑顔を引き出す様子を見た新卒社員が「枝松さん、マジ神ッスね」と言ったことから「マジ神」という社内呼称が誕生。2020年4月に新設された専門性開発部所属の介護職として、各ホームでのケア向上に取り組むとともに、社内研修(認知症ケア)の構築および講師としても活躍、人財育成に携わる
枝松裕子氏
ベネッセスタイルケア 専門性開発部 介護職(マジ神)

2009年入社後、有料老人ホームの介護職として勤務。あるご入居者のケアに苦慮していたホームで、そのご入居者から笑顔を引き出す様子を見た新卒社員が「枝松さん、マジ神ッスね」と言ったことから「マジ神」という社内呼称が誕生。2020年4月に新設された専門性開発部所属の介護職として、各ホームでのケア向上に取り組むとともに、社内研修(認知症ケア)の構築および講師としても活躍、人財育成に携わる

宮下:私も枝松さんのお話を聞いているうちに、「よいケア」の一部分は言語化、定量化できると思うようになりました。というのも、マジ神の思考や行動の多くは、雲をつかむような第六感の話ではなく、そのベースには介護や薬、病気などに関する豊富な知識に裏打ちされたものがあるからです。

枝松:私たちがやっているケアには、基本的に科学的な根拠があるんです。

宮下:だから私も、ケアの判断や見ている観点・視点について、AIもマジ神に近づくことができるかもしれないと思うようになりました。

次ページ AIの可能性と限界。人だからできること。人とAIが創造する未来図