制作:日経BP広告チーム
提供:三井住友トラストクラブ

クレジットカードのパイオニアとして、上質なサービス、ステータスの高さで支持を集めるダイナースクラブカード。2020年12月に60周年を迎え、今後の展望についてカード発行元・三井住友トラストクラブ 五十嵐幸司代表取締役社長に聞いた。

ダイナースクラブ プレミアムカード会員が利用できる「ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジ」で語る三井住友トラストクラブ代表取締役社長・五十嵐幸司氏

「継続と革新」の思いを込めカードデザインを刷新

60周年を機にデザインを刷新したダイナースクラブカード(上)と、ダイナースクラブ プレミアムカード(下)。個人情報を裏面に記載し、表面はすっきりとしたスタイリッシュなデザインに

 日本で最初のクレジットカードを生み出し、2020年12月、60周年を迎えたダイナースクラブ。その上質なサービス、優待の独自性からハイエンドユーザーを中心に高い支持を集める同カードが、節目の年を機にさらなる進化を遂げている。

 新たに打ち出したブランドメッセージは「ここでしか、見つけられないものがある。」ダイナースクラブカード発行元の三井住友トラストクラブ代表取締役社長の五十嵐幸司氏は、全社員で考え抜いたという新メッセージ誕生の背景を次のように語る。

 「ダイナースクラブでは、創業当初から会員の皆様とのコミュニケーションを軸に、他にはないユニークなサービスを提供して参りました。その原点を見据え、本当に価値あるもの、“本物”と出会う機会、特別な体験を確かなキュレーション力でお届けしていく。そんな決意を込め、メッセージを発信するとともにニューノーマル時代にふさわしいさまざまな新サービスのご提供を予定しております」

 20年は、ニューノーマル時代に対応すべく、従来、数多く開催されてきた会員参加型のイベントやサービスからの方向転換を強いられることとなった。しかし、会員に「本当に価値あるもの=本物」をお届けするという同クラブが担うミッションは、形を変え継続中だ。

 例えば、会員の要望を受け、20年4月に開設したのが会員専用ECサイト「ダイナースクラブのお取り寄せ」だ。「日頃からのリレーションにより、従来、店舗やサイトでは販売していない本サイト限定商品のご提供や、オンラインには非参入だった料亭等にも参加いただくなど、他にはない独自性のある内容でご好評いただいています」(五十嵐氏)。

 また、60周年を機にカード券面のデザインも刷新。おもて面はエンボス加工による印字をなくし、洗練されたデザインにアップデート。プレミアムカードの色味は、より上質な光沢を放つ「漆黒」を選んだ。デザイン性の追求だけでなく、裏面にカード番号、有効期限、セキュリティコードといった個人情報を集約。店頭でのカード決済時にカード情報を盗み見されるリスクが軽減され、セキュリティ面の向上も図った。また、昨今の決済多様化にも対応。対象店舗の端末にカードをタッチするだけでスピーディ、スムーズに決済できるダイナースクラブ コンタクトレス(タッチ決済)も採用した。

 「俳人・松尾芭蕉が説いた不易流行という言葉があります。消費者の皆様の行動様式が大きく変化していく中、その言葉通り、守るものは守り、変えるところは変える。継続と革新のバランスを取っていくことが経営の観点からも非常に重要だと考えています」(五十嵐氏)

「ここでしか、見つけられないもの」を提供できる理由とは

 世に数多く存在するクレジットカードの中で、なぜダイナースクラブカードは「本物」を求めるエグゼクティブ層に選ばれ続けるのか。その背景には、日本という地に根付き、会員と密なコミュニケーションを取りながら“ダイナースクラブらしい”サービスと革新的な取り組みを追求してきた蓄積がある。

 実はプラスチック製カードを世界で初めて発行し、銀行口座振替制度、キャッシングサービスをスタートさせたのも日本のダイナースクラブだ。「フロンティア精神で、時代や顧客のニーズにいち早く応え、形にしてきた蓄積が、クレジットカード会社の枠を超え、地域と共に歩み、会員の皆様と一体となって次世代、日本文化を応援するという活動、DNAの醸成につながっています」と五十嵐氏は語る。

 その取り組みの一つが日本酒の振興を目的とする日本酒の品評会「SAKE COMPETITION(酒コンペティション)」への協賛だ。16年より、若手の醸造家や蔵元経営者を表彰する特別賞「ダイナースクラブ若手奨励賞」を提供している。

 賞を提供した後も、会員誌『シグネチャー』への応援掲載等長きにわたって関係性を構築し、会員と共に応援を続けていくのが同クラブ流だ。

 「会員様向けの特典として60周年記念酒を、17年の同奨励賞を受賞した山梨の銘酒『七賢』の醸造元、山梨銘醸さんに依頼したのですが、日本の農業を応援する観点からも会員の方に米作りから参加していただいてはどうかという提案を受け、3者のコラボレーションが実現しました」(五十嵐氏)。百余名が参加した稲刈りには五十嵐氏も参加し、共に汗を流したという。

 その他、東京藝術大学と提携して若手アーティストに演奏機会を提供するプログラムや世界遺産・醍醐寺と提携しての文化財の修復活動支援、国内の若手女子プロゴルファーを応援する「ダイナースクラブカップ」の開催などを会員参加型で推進。

 「当社の会員の皆様は社会貢献や文化事業に造詣の深い方が多く、同じ価値観を共有し、長きにわたって応援してくださるのはありがたいですね」と五十嵐氏。培ってきた深いパートナーシップとダイナースクラブの会員層を背景に「ダイナースクラブと協業したい」という協力先からの申し出が絶たないのも、同クラブが追求する特別な体験提供につながる好循環を生んでいる。

続きを読む 2/2 招待制の「ダイナースクラブ プレミアムカード」の魅力とは

この記事はシリーズ「ライフスタイル・新時代」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。