提供:リスクモンスター

コロナ禍で取引先の倒産リスクが高まる中、企業信用力の見極めはビジネスを進める上で不可欠だ。「リスモン調べ」では、企業の信用力評価をユニークかつ多角的な視点からレポートしているという。

「リスモン調べ」で多角的に企業の信用を分析

 今、企業の与信管理において無視できなくなっているのが、新型コロナウイルス感染症の影響だ。売り上げの減少をはじめとする影響は、飲食や宿泊のような外出自粛の影響が大きい業種、さらには小売りや建設など、幅広い業種に及んでいて、新型コロナウイルス関連倒産の企業数も増えている。

 また、働き方改革やDX(デジタルトランスフォーメーション)など、めまぐるしく変化する事業環境への対応がうまくいっているかどうかも、企業価値として重要な要素と言えるだろう。こうしたことを踏まえ、取引先企業の信用力をいかに見極めるかが、今後のビジネスを進める大きなポイントになると考える企業は少なくないのではないだろうか。

 こうした中、多角的なアプローチで企業の信用力をレポートする「リスモン調べ」というコンテンツを発信しているのがリスクモンスターだ。リスモン調べは、企業属性や財務諸表とは別に、一般労働者の考え方や意識を可視化しているレポートで、そのタイトルを見ていくと、「100年後も生き残ると思う日本企業」「仕事・会社に対する満足度」といったものから、「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」「離婚したくなる亭主の仕事」といったものまで、硬軟含めてかなりのボリュームだ。

 単なるアンケートの集計にとどまらず、リスクモンスターが得意とする企業分析ノウハウを生かした考察やデータから作成した各種ランキングなどが掲載されており、取引先企業の社会的なイメージも含めた信用力評価の一環として活用できる内容となっている。

 リスモン調べは、YouTubeチャンネル「RismonCM」からも配信されている。ここでは、「Go Toキャンペーンの実態」や「新時代の働き方」といったタイムリーな話題を取り上げていて、平均4万回程度の高い再生回数となっている。

 中でも反響が大きかったのが、2020年5月25日に配信された第20回リスモン調べ特別編「上場企業が倒産する理由は?」だ。この配信では、コロナ禍での企業の業績悪化の原因や倒産する企業の見分け方などに触れ、これに伴い知っておくべき取引リスクも動画内でひも解いている。また、コロナ禍で取引先に生じている影響の他、回収不能・回収遅延といった影響がどの程度のパーセンテージで出ているかも可視化されている。まさに今、欲しい情報として高い評価を得ており、再生回数は18万回を超えている。

 またリスクモンスターは、RM格付による企業の信用力の分析も行っている。RM格付は、約80万社に上る過去の倒産ケースを綿密に分析した「倒産確率」に基づいており、AからFまでの6段階で示される。

 20年4月から20年12月までに発生した倒産の格付けごとの分布をみると、A格はわずか0.1%だったのに比べ、E格は22.7%、F格では70.1%となっており、E格とF格を合算した倒産予測の精度は92.8%となっている。上場企業700社以上を含む約6600社の法人会員数が、このRM格付の信頼性の高さを物語っている。

 さらに、企業情報を閲覧できる「e‐与信ナビ」や、取引先の信用力を一元でモニタリング管理できる「e‐管理ファイル」など、同社は幅広い与信管理サービスを取り扱っている。取引先全体のリスクを分析する「ポートフォリオサービス」、マーケティングリストを取得する「攻めモンスター」、さらには反社チェックを行う「反社ワード記事検索」や「反社ヒートマップ」、与信管理教育をeラーニングで行う「サイバックスUniv.」など、与信管理に関連したあらゆるサービスを手広く提供しているのだ。

続きを読む 2/3 企業の危険度を見極める3つの分析とは?

この記事はシリーズ「経営戦略・新時代」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。