提供:IG証券株式会社

IGグループはイギリスのロンドンに本拠地を構えるオンライントレーディングのリーディングプロバイダーであるIGグループの日本拠点だ。世界16ヵ国に渡り事業を展開し、利用ユーザー数は世界で19万人以上。通貨から個別株・株価指数・債券・商品など多様な資産クラスをワンストップで提供し、顧客は17000銘柄以上の金融商品を取引することができる。IGグループCEOジュン・フェリックス氏に同グループの社風や事業戦略、未来に向けた取り組みについて聞いた。

はじめに、あなたご自身のことについてお伺い致します。これまでのご経験やIGグループのCEO職にご就任された経緯などについてお聞かせいただけますでしょうか。

IGグループ CEOジュン・フェリックス氏
IGグループ CEOジュン・フェリックス氏

 私は金融サービス及びテクノロジー業界において25年以上に渡ってキャリアを形成してきました。IGグループ以前は、コンサルティング会社のブーズアレン&ハミルトン、金融機関ではシティバンク、チェース銀行、そしてテクノロジー関連ではIBMと電子決済サービスのベリフォンなどの企業に勤め、アメリカ、ヨーロッパ、アジア地域において新しいテクノロジーにフォーカスしたビジネスの運営、開発、成長戦略に携わってまいりました。学生時代に専攻した化学工学では問題解決能力に優れた人間になるための方法を学び、戦略コンサルタントとして過ごしたブーズアレン&ハミルトンでは、企業の成長戦略とターンアラウンド戦略(事業再生・経営改革戦略)を実現するための方法論とその活用法を習得しました。 その後、IGグループの取締役会メンバーとして3年間務め、2018年にIGグループのCEOに選任されました。

次に、IGグループについてお聞かせください。どんなところが気に入っていますか?また、会社のカルチャーや社員をどう表現されますか?

 IGグループは45年の歴史を持つイノベーションに優れたオンライントレーディングサービス企業です。IGの取引システムは世界で広く利用されており、このグローバルなシステムを通じて多様な金融商品の取引機会を顧客に提供しています。我々の顧客は自信に満ち高い判断力を駆使して金融市場でのトレードチャンスを24時間追い求めるような人たちです。IGの企業文化は世界で最高のトレーディング経験とイノベーションをこのような顧客に提供していくことを常にビジネスの最重要事項に据えて努力を続けていることです。私たちのビジネスモデルは顧客の利益とIGの利益が相反しないよう熟慮してデザインされており、このような顧客フォーカスのビジネスモデルを私は大変誇りに思っています。このような企業文化と努力は、イギリスにおいて業界をリードする顧客ロイヤリティの長期維持として実現されています。IGの社員と我々の顧客は似ています。起業家精神に富み、スマートでリスクを管理することを恐れず、挑戦が好きで常に向上することを目指す――そんな人々です。

現在のIGグループの主要事業戦略のひとつがローカリゼーションであると理解しています。これを踏まえ、今なぜ日本市場が重要な成長ドライバーであるとみなされているのか、IGの日本事業を拡大するためにどんな計画を持っているのか、そしてそこに立ちはだかるチャレンジはどのようなものであると考えているか、についてお聞かせください。

 日本のトレーディング市場は世界最大規模で、FXや金融市場全般に関して深い知識を持つ数百万人のリテールカスタマーが存在しています。また、我々が行った調査では日本人はイノベーションを好むという傾向が見られました。これは同様にイノベーションを重要な企業価値に掲げる我々のカルチャーと一致し、日本がIGにとって理想的な市場であることを示しています。 このような背景から、IGのビジネスを今後さらに拡大するドライバーとして日本の成長機会に投資しています。