ボールペンとシャープペンの機能が1本になった多機能ボールペン。代表的なのが、ゼブラの「シャーボ」シリーズだ。初代は1977年、2色ボールペンが主流だったころに、シャープペンを搭載した回転式多機能ペンとして発売された。

 TVCMの「右へ回すとシャープペン、左へ回すとボールペン」のキャッチコピーで社会人や学生を捉え、発売4カ月で80万本のヒットとなった。

ゼブラが2020年11月に発売したシャーボNu
ゼブラが2020年11月に発売したシャーボNu

 それから40年以上たち、ゼブラがシャーボシリーズの新作として2020年11月、発売したのが「シャーボNu(ニュー)」(税込み1980円)だ。黒と赤2色のボールペンとシャープペンを回転して使い分ける商品だが、開発に携わったゼブラ商品開発部の牧昌太氏は「これまでの多機能ペンの課題の解決を目指した」と説明する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1885文字 / 全文2245文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ヒットの理由」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。