販売好調なモスフードサービスの「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン」600円(税込み)
販売好調なモスフードサービスの「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン」600円(税込み)

 高級食パンに代表される食パン専門店はコロナ禍でも販売を伸ばし続けている。調査会社の富士経済(東京・中央)によると、2018年に約141億円だった食パン専門店の市場は20年に1.8倍の255億円と見込んでいる。

 その勢いは続いているとみられる。「むしろ、一時のブームから脱して、1つのジャンルとして定着しつつある。今後も新規参入は増える」と調査会社のTPCマーケティングリサーチ(大阪市)の佐藤照穂氏は指摘する。

 例えば、高級食パンブームの火付け役となった専門店「乃が美」の店舗数がコロナ禍でも増えている。佐藤氏によると、乃が美の店舗数は2019年初頭に100店舗前後だったが、21年4月1日時点では216店舗となった。都市部を中心に出店していたのが、住宅街などに拡大し、「身近な嗜好品として、外出自粛の情勢下でも全国的にニーズが増えているようだ」と佐藤氏は言う。

名前が顧客の印象に残るように

 そんな中、21年2月に高級食パンへの新規参入を表明したのがモスバーガーを展開するモスフードサービスだった。商品名は「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン」。東海地方(愛知、岐阜、三重)と北海道、沖縄、離島を除くエリア、約1000店舗で販売している。

毎月第2、第4金曜の月2回販売で、顧客からの予約分だけが納品される
毎月第2、第4金曜の月2回販売で、顧客からの予約分だけが納品される

 「インパクトを与え、名前が顧客の印象に残るように」(営業本部付の吉野広昭グループリーダー)とあえて長くしている商品名も独特だが、販売方法にも特徴がある。毎月第2、第4金曜の月2回販売で、顧客からの予約分だけが納品される受注生産になっている。価格は1斤600円(税込み)で、乃が美の「高級『生』食パン」(同432円)に比べても4割ほど高い。

 コロナ下で、客数減に苦しむ外食企業が中食やテークアウト用のメニューや新業態を開発することは珍しいことではなくなった。唐揚げや冷凍食品には大手外食チェーンが続々と新規参入している。

続きを読む 2/3 客層が重ならないから意味がある

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1015文字 / 全文2089文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ヒットの理由」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。