全1709文字
小嶋進氏
1953年、宮城県生まれ。2005年に発覚した構造計算書偽造問題で詐欺容疑に問われる。06年に逮捕され、300日以上の勾留を受ける。11年、最高裁で懲役3年、執行猶予5年の刑が確定。その後も無実を訴え、15年に『偽装:「耐震偽装事件」ともうひとつの「国家権力による偽装」』(金曜日)を刊行。
2005~06年にかけて世間を揺るがした構造計算書偽造問題。その渦中で連日注目を集めた不動産会社ヒューザーの元社長・小嶋進氏は当時を振り返り、「中途半端にまじめだったのがいけなかった」と語る。現在は太陽光発電事業に携わる小嶋氏。何が彼を再び奮起させたのか。

 「経済人としては、私はもう完全に死んだものと同じだ。事件後の10年間、住人に気持ちよく暮らしてもらうことだけを考えて暮らしてきた」

 都内の不動産会社で取締役を務める小嶋進氏はそう語る。2005~06年にかけて、小嶋氏はある事件の渦中にいた。いわゆる「姉歯事件」。姉歯秀次一級建築士がマンションなどの構造計算書を偽造していたことが発覚し、建設業界を超えて世間を揺るがす問題に発展した。

 問題発覚当初、不動産会社ヒューザー(現在は倒産)の社長だった小嶋氏は、マンションの建築主として耐震強度の偽装を指示した黒幕の疑いをかけられた。

 「当時はどこへ行くにもマスコミの記者やカメラが押しかけてきた。まるで犯罪者扱いで生きた心地がしなかった。ヘリコプターが常に頭上を飛んでいた」

 しかし、耐震偽装そのものに関する容疑で起訴されたのは姉歯建築士のみ。小嶋氏は偽装を知った後に物件を顧客に引き渡したとして詐欺容疑で逮捕・起訴され、11年に懲役3年、執行猶予5年の刑が確定した。同年、ヒューザーの破産手続きも終わった。

「中途半端にまじめだったのがいけなかった」

 判決から丸7年が経った今も、小嶋氏は無実を訴えている。

 「詐欺を問われた藤沢のマンションは、問題発覚の1カ月前には検査済証が下りており、ほとんど引き渡しも終わっていると認識していた。耐震偽装を知ったとき、契約段階のものはすべて解約させ、すでに人が住んでしまった物件については国家賠償訴訟を起こして対応しようと考えていた。しかし、実は藤沢では引き渡しが済んでいなかった。そうした現場対応との齟齬を検察に突かれてしまった」

 当時のヒューザーは関連会社を含め100人程度の規模。小嶋氏はほとんど実務には携わらず、趣味の飛行機操縦などに凝っていた。現場の状況を詳しく知らず、建築設計や法律に精通しているわけでもなかった。事件の渦中で、テレビ番組への出演や自治体に対する賠償請求訴訟などの大立ち回りを演じたが、知識も準備も不足していた。

 「役割を果たしたという意味では、心に一点の曇りもない。しかし、中途半端にまじめだったのがいけなかった。責任を感じて問題への対処を指揮するなら、元から現場のことをよく知っているべきだった。社長として、あのとき前面に出たのは評価できる行動じゃなかった」

日経ビジネスの2月11日号特集「敗者の50年史」では、日経ビジネスが創刊以来50年に渡って追い続けた企業事件の中から、失敗の本質を突き止めている。