全1877文字
(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 物言う株主として知られる村上世彰氏が12月27日、レオパレス21に全取締役の解任を目的とした臨時株主総会の開催を請求したことが日経ビジネスの取材で明らかになった。施工不良問題で揺れるレオパレスは創業一族の深山英世氏が5月末に社長を引責辞任、経営体制を一新したばかり。だが新経営陣になってからも物件改修工事スケジュールの大幅遅れや業績の下方修正を発表するなど対応が後手に回るケースが目立ち、村上氏は新体制のガバナンス不全を厳しく指摘していた。