微細藻類「ミドリムシ」由来の商品を開発するバイオ企業のユーグレナと国内系投資ファンドのアドバンテッジパートナーズ(AP)が、青汁で知られるキューサイ(福岡市)を買収することが日経ビジネスの取材で明らかになった。買収額は400億円程度とみられる。キューサイの全株式を保有するコカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスがキューサイの売却先をかねて探していた(6月19日掲載の『キューサイの苦い10年、コカ・コーラがついに売却か』参照)。コカ・コーラ傘下でくすぶっていたキューサイは、再び成長路線を取り戻すことができるのだろうか。

福岡市のキューサイ本社。「まずい!もう一杯」のCMで今も知名度は高い
福岡市のキューサイ本社。「まずい!もう一杯」のCMで今も知名度は高い

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1357文字 / 全文1635文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「TOPIC」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。