三菱自動車の益子修前会長が病気のため、8月27日に死去していたことがわかった。71歳だった。体調面が優れないことを理由に8月7日付で会長を退任していた。益子氏は一時期、世界トップの販売台数を誇った日産自動車、ルノー、三菱自の3社連合をカルロス・ゴーン氏とともに作り上げた立役者の1人。三菱商事から三菱自動車に転じたエースは、3社連合の先行きがまだ不透明な中、帰らぬ人となった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1278文字 / 全文1289文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「TOPIC」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。