半導体メモリー大手のキオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)が、10月に上場する見通しとなった。東京証券取引所に上場を申請していたが、8月27日にも東証が上場を承認する見込み。上場日は10月6日を予定している。時価総額は3兆円を大きく上回る規模が期待されており、今年最大のIPO(新規上場)案件となるのは確実だ。

コロナ下でデータセンター向けにフラッシュメモリーの需要が伸びている

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1037文字 / 全文1209文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「TOPIC」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。