サッカー日本代表FWでJ1鹿島アントラーズから入団した安部裕葵選手については「(獲得は)日本向けマーケティングのためなどではない。純粋にスポーツ面での決定だ」と今後の活躍に期待を込めた。またバルセロナの育成組織出身ながら、ライバルのレアル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英選手については「いい選手ということに疑いはない。プロだから様々なオファーがあるということ」と述べるにとどめた。

 かつてバルセロナに在籍したブラジル代表FWのネイマール(現在はパリ・サンジェルマン=PSG所属)を再び獲得するとの報道が欧州などで出ているが、バルトメウ会長は「我々はオファーを出していない。彼はPSGを出たいのかもしれないが、チームが手放さないのではないか。いずれにしろ我々が決められることではない」とコメントした。

この記事はシリーズ「TOPIC」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。