外食大手のコロワイドから買収を視野に入れたTOB(株式公開買い付け)を仕掛けられている定食チェーン大手、大戸屋ホールディングスが7月20日、TOBに対する反対意見を正式に表明、敵対的TOBとなることが確定した。大戸屋HDは20日に開いた取締役会で、社外取締役6人を含む11人の全員一致でTOBへの反対意見を決議した。もはや抜き差しならない対立となった両者の攻防の行方は、株主の判断に委ねられることになる。

 コロワイドは大戸屋HDの50%強の株式取得を目指し、8月25日を最終日とするTOBを実施している真っ最中だ。TOB価格は3081円で、TOB発表直前の株価に46%のプレミアムをつけた。コロワイドは既に大戸屋HD株を19%強保有しており、TOB成立下限となる45%の株式を取得するには、あと26%程度を買い増せばいい計算だ。

 プレミアムが相応についたこともあり、株式市場では敵対的とはいえTOB成立を予想する声が比較的多い。そうしたなかで、あくまで徹底抗戦する姿勢を見せた大戸屋HD。その真意と覚悟はどのようなものか。20日に日経ビジネスの単独インタビューに応じた窪田健一社長は「株主総会で株主提案が否決されたわずか2週間後のTOBは、株主の意向を軽視している。(コロワイド傘下になったら)FC店の離脱も起きるだろう」と述べた。主なやり取りは以下の通り。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1730文字 / 全文2310文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「TOPIC」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。