第一三共が一般用医薬品(大衆薬)事業の売却交渉を進めていることが22日、日経ビジネスの取材で明らかになった。売却対象になっているのは大衆薬を手掛ける完全子会社の第一三共ヘルスケア(東京・中央)。既に国内外の複数の企業と交渉を進めており、最終的な売却金額は1000億円規模になるもようだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1394文字 / 全文1402文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「TOPIC」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。