From: 川口均
To: カルロ・スゴーン氏、西川広人氏
Cc: ハリ・ナダ氏
2018年4月29日
件名:Re:日仏政府の動き

ゴーンさん、西川さん

 世耕大臣の書簡の送付が延期になったことを確認しました。日本では既にゴールデンウィークに入ってしまったので、彼らは5月7日のビアル氏と多田局長の電話会談が行われるまで待つのだと思われます。

 西川さんからの指示で、「西川さんのメッセージを多田局長に伝えられないか」と、経産省の自動車産業の担当者に聞きました。彼らは、フランス政府が年次株主総会の前にゴーン氏にプレッシャーをかけることを懸念しています。

 私は、仏政府がアライアンスに急に口出しすることに対して彼らが待ったをかけようとしていることに感謝していますが、事態が落ち着いているときはアグレッシブになりすぎないようにお願いしました。

 進捗がわかり次第、すぐにご連絡します。

 よろしくお願いします。

川口均

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り491文字 / 全文1816文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「TOPIC」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。