居酒屋大手のコロワイドが定食チェーン大手の大戸屋ホールディングス(HD)に買収提案したことが日経ビジネスの取材で明らかになった。大戸屋HDが買収提案を拒否したため、コロワイドは大戸屋HD経営陣の刷新を目指した株主提案を14日の取締役会後に公表する構えだ。経営陣を刷新した後に、TOB(株式公開買い付け)と第三者割当増資の組み合わせにより大戸屋HDを子会社化する考え。事実上、敵対的と言える買収劇が始まろうとしている。

両社の経営権争奪戦が始まりそうだ
両社の経営権争奪戦が始まりそうだ

 焼肉店「牛角」や回転ずしの「かっぱ寿司」などを傘下に持つコロワイドは、大戸屋HDの約19%の株式を保有する筆頭株主。昨年、大戸屋の創業一族から株式を譲り受けた経緯がある。コロワイドは昨年末から水面下で大戸屋HDに対して事実上の買収提案を繰り返してきたが、大戸屋HDは独立経営の維持を訴え、買収提案に抵抗してきた。度重なる交渉でも話が進まないため、コロワイドは強硬手段に訴える方針を固めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1024文字 / 全文1435文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「TOPIC」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。