シェアハウスを巡る不祥事からの経営再建を進めるスルガ銀行と、株式の約18.5%を所有する筆頭株主で家電量販大手のノジマが、社長を含むスルガ銀の次期取締役の陣容で対立していることが日経ビジネスの取材で明らかになった。ノジマが提案した有国三知男・スルガ銀現社長に代わる新社長案をスルガ銀が拒否し、指名・報酬委員会の委員長や社外取締役のポストを巡る綱引きも続いている。経営への関与を強めたいノジマとスルガ銀の対立は、最終的に株主提案に発展する可能性もありそうだ。

有国社長はシェアハウスを巡る不正融資の問題が一段落したら退任する意向とみられている(写真=ロイター/アフロ)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1037文字 / 全文1274文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「TOPIC」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。