プロ経営者として知られる瀬戸欣哉氏の突然のCEO解任を発端に複数の大株主から潮田洋一郎会長兼CEOと山梨広一COOに解任要求を突き付けらたLIXILグループ。大株主の1社である米インダス・キャピタル・パートナーズのファンドマネジャー、ハワード・スミス氏が日経ビジネスのインタビューに応じ、「2人の解任が議案の臨時株主総会で(解任を求める株主が)勝つ可能性は高い」と自信を見せた。主な一問一答は以下の通り。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1451文字 / 全文1454文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「TOPIC」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。