LINEが、フードデリバリーサービスを手掛けるジャスダック上場の出前館が実施する第三者割当増資に応じ、グループで300億円出資することが3月26日、日経ビジネスの取材で明らかになった。「ウーバーイーツ」など海外勢のフードデリバリーが存在感を増す中、LINEは出前館を実質的に子会社化。事業展開のスピードを上げて対抗する狙いがありそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1259文字 / 全文1266文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「TOPIC」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。