LIXILグループの潮田洋一郎会長兼CEO(最高経営責任者)と山梨広一COO(最高執行責任者)の取締役解任を求め、大株主の機関投資家らが臨時株主総会の請求に踏み切った。機関投資家とともに名を連ねたのが愛知県常滑市。LIXILの前身企業の一つ、旧INAXが本社を構えていた企業城下町だ。地方自治体が上場企業のトップ解任要求に加わるという異例の事態はなぜ起こったのか。片岡憲彦市長に聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1295文字 / 全文1302文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「TOPIC」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。