前田建設に敵対的TOB(株式公開買い付け)を仕掛けられている前田道路が、業界最大手のNIPPOと資本業務提携を検討していることがわかった。前田道路は前田建設によるTOBをなんとか阻止しようと、2020年3月期に600億円以上の配当をすると発表したばかり。それに次ぐ一手となる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り659文字 / 全文664文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「TOPIC」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。