伊藤忠商事がデサントに対して踏み切る株式公開買い付け(TOB)(「スクープ 伊藤忠、デサントにTOB、敵対的に発展も」)。両社の確執が深まったのはこの1~2年だ。伊藤忠の岡藤正広会長兼CEO(最高経営責任者)がデサントの石本雅敏社長に直接、経営方針について注文をつけるなど、伊藤忠は近年のデサントの業績に不満を募らせていた。

伊藤忠の岡藤会長はデサントの業績に不満を募らせていた(写真:共同通信)
伊藤忠の岡藤会長はデサントの業績に不満を募らせていた(写真:共同通信)

 特に指摘し続けているのが韓国依存の収益構造だ。純利益のほとんどを韓国事業に頼っているうえ、その韓国が伸び悩んでいることを伊藤忠は懸念材料としてあげている。

 にもかかわらず、石本社長ら現経営陣が一向に対策を打たないとして不満を募らせてきた。伊藤忠幹部からは「筆頭株主として今の状況を見過ごしてしまうと、我々の株主からも批判されかねない」との声も漏れる。伊藤忠としてはデサントの過去の経営危機を救ったとの思いもあるようだ。

自力で業績を拡大してきたとの思いがあるデサントの石本社長(写真:共同通信)
自力で業績を拡大してきたとの思いがあるデサントの石本社長(写真:共同通信)

 一方のデサント。石本社長らは過去の伊藤忠の支援には感謝しつつも、足元の業績はデサントが自力で築いてきた、との立場をとっている。デサントは「筆頭株主の立場を利用して、伊藤忠からもうからない取引を強要された」とも主張する。

 対立が深まるなか、このままではらちが明かないと見た伊藤忠は昨夏、市場でデサント株を買い集めてプレッシャーを強めるという強硬策に出た。これに対して「無断で株を買い増された」と反発したデサントが今度は伊藤忠への相談なく、ワコールとの提携を決め、対立は決定的になった。

デサントは伊藤忠に相談もなくワコールと提携(写真:共同通信)
デサントは伊藤忠に相談もなくワコールと提携(写真:共同通信)

 今後はどのような展開が予想されるのか。

次ページ 次のデサント株主総会が焦点に