東芝機械に対し敵対的TOB(株式公開買い付け)を1月21日に始めた「物言う株主」村上世彰氏。東芝機械は買収防衛策で迎え撃とうとし、それに対し村上氏が一段と反発する構図になっている。その決着の舞台は東芝機械の臨時株主総会になるかもしれない。1月22日に日経ビジネスの取材に応じた村上氏は「買収防衛策導入の賛否を問う臨時株主総会を開催してもらっても構わない。そこで正々堂々と白黒つければいい」と語った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1658文字 / 全文1669文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「TOPIC」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。