日本学術会議は11月26日、国の機関から切り離して非政府組織などへ転換するよう検討してほしいと政府から要請を受けた。学術会議は年内に組織の在り方を検証し、政府に報告する方針だ。学術会議問題をどうみるか。東京大学総長や文部相を歴任し、日本の学術界を長年みてきた有馬朗人氏に話を聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2668文字 / 全文2673文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。