米建機大手キャタピラーの副社長でGlobal Construction & Infrastructure(GCI)事業を統括するジェイソン・コンクリン氏がこのほど来日、インタビューに応じた。顧客が抱える課題をデジタル技術を駆使しながら解決するというキャタピラー。その先に見えてくるのは、「素人が建機を操る時代」の到来だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2897文字 / 全文2911文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。