高野連の有識者会議が、投手の投球数制限を含めたガイドラインを提言し、2020年の選抜高校野球から導入されることになった。野球人口の減少で「このままでは野球をする子供がいなくなる」と危機感をもつ川村准教授。高野連の変革で、肘や肩の障害をもつ選手が多い学童・中学野球への波及も期待する。その川村准教授に話を聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3209文字 / 全文6120文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。