全3727文字

松下幸之助は、人生経験を積んで仕事観や人間観をしっかり形成してから経営理念を持ちなさいと言っています。自分自身を修養しながら、人間とは何かに気づいて考えを鍛えて哲学を作ることは理想です。