やっぱりエンジニアとしての血が騒ぐ?

久夛良木氏:忙しくて無理なんだけど血が騒ぐ、というね。今、どう見ても日本は疲弊している。アセントの社外取を務めてきたが、AIやロボティクスの業界でイノベーションをけん引できそうな人材は少ない。じゃあ、自分がやらなきゃいかんかなと。

ターゲットは製造や物流

09年に自ら立ち上げたサイバーアイ・エンタテインメントを除けば、13年ぶりの企業トップ就任です。自動運転技術の開発が停滞する中、CEOとして目指す方向性は。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2179文字 / 全文3817文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。