全3817文字

 AI(人工知能)を開発するスタートアップのアセントロボティクス(東京・渋谷)は9月18日、元ソニーの久夛良木健氏が8月26日に代表取締役兼CEO(最高経営責任者)に就任したと発表した。久夛良木氏は家庭用ゲーム機「プレイステーション」の生みの親で、ソニーの副社長COO(最高執行責任者)を務めた。2007年にソニー・コンピュータエンタテインメント(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)の会長を退任。自らの会社を立ち上げる傍ら、情報アプリのスマートニュース(東京・渋谷)など複数の企業の社外取締役を務めていた。

 アセントロボティクスは自動運転向けのAIを手掛けるスタートアップ。久夛良木氏は2018年から社外取締役を務めてきた。今回、13年ぶりに企業のトップに就任する形になった久夛良木氏。AIスタートアップの経営トップを引き受けた背景や目的を聞いた。

久夛良木健(くたらぎ・けん)氏
アセントロボティクス代表取締役兼CEO

1950年東京生まれ。75年ソニー入社。93年ソニー・コンピュータエンタテインメント(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)を設立し取締役開発部長就任。94年に初代「プレイステーション」を生み出す。99年社長、2006年会長兼グループCEO。03年ソニー副社長兼COO。07年ソニー・コンピュータエンタテインメント会長を退任。2009年サイバーアイ・エンタテインメント設立。アセントロボティクスでは18年から社外取締役。20年8月末より現職。(写真:吉成大輔)

AI(人工知能)スタートアップのアセントロボティクスの経営トップに就任されました。アセントには18年から社外取締役に就いていましたね。

久夛良木健・アセントロボティクス代表取締役兼CEO(以下、久夛良木氏):AI関連の会社への関心が高く、自動運転やロボティクスを手掛けるアセントは面白いスタートアップだと思っていた。創業者の1人である石崎(雅之氏、現COO=最高執行責任者)さんと、プレステの開発メンバーが友人だという縁もあった。面白いと思っていたアセントからオファーを受けたので、喜んで就任した。

社外取締役就任から2年たった今のタイミングでCEOに就任したのはなぜですか。

久夛良木氏:一般的に言って、スタートアップにはファウンダーの強い思いがある。ただ、それだけでは次のステージに上がるのに苦労する。米シリコンバレーもそうだが、事業経験が豊富な人材の力が必要になってくる。

 しかも新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっており、スタートアップには逆風だ。大手と違って何から何まで自分でやるのは難しいスタートアップは、色々な局面でコロナ禍の悪影響を受けて苦しんでいる。

 アセントは自動運転分野で大手企業とコラボレーションしてきたが、自動車大手は米テスラを除くほとんどの会社がトーンダウンしてしまった。自動車メーカーが現業を優先している今はモラトリアムといっていい状態だ。

 しかも自動運転は期待ほど進んでいない。(米アルファベット傘下の)ウェイモを含めてそんなに簡単に実現できるものではないからね。巨費を投じてさまざまな企業が動いているものの、リアルな街で自動車を完全自動運転で動かすにはまだまだ時間がかかる。スタートアップも「開店休業」の状態。それではいかんよねという思いがあった。

CEOは無理と断ったけど……

アセントも変わらなければいけないと。

久夛良木氏:そう。変わらないといけない。スタートアップは技術開発もビジネスモデルもそうだけど、うまくピボットする必要がある。同じことにこだわっていてもダメ。業界全体でホールドアップしていては潰れてしまう。

CEO就任は、自ら手を挙げたのですか。

久夛良木氏:うちのボードメンバーから「クタちゃんしかいないから」と言われた。自分の会社もあるし、企業の社外取締役や大学の仕事も複数抱えているし、コロナで家事もやらなきゃいけない。だから一度は「無理」と断った。でも、技術的にはめちゃくちゃエキサイティングな領域なんだよね。