全3673文字

 9月20日に開幕のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。事務方トップとして組織委員会を率いた嶋津昭・ラグビーW杯2019組織委員会事務総長が、就任から開幕までの5年間を振り返る。総務省事務次官などを歴任した地方自治のプロフェッショナルは、「一生に一度」の組織をどう率いたのか。インタビューは、「まずはラグビーの魅力を話そう」という一言から始まった。

(聞き手は島津 翔)

いよいよラグビーW杯が開幕します。組織委員会は、1回限りのイベントのために集まった特殊な組織です。その組織運営について聞かせてください。

嶋津昭・ラグビーW杯2019組織委員会事務総長(以下、嶋津氏):いや、それより先にラグビーが持つ魅力について話しましょう。ラグビーの国内リーグである「トップリーグ」には、日本を代表する企業が集まり、ラグビーを通じて発信している。なぜ企業がラグビーに引かれるのか。

 これは組織委の御手洗冨士夫会長もおっしゃっていますが、その理由はラグビーの「憲章」にあるんじゃないかと思うんですね。ちょっと、これ(国際統括組織であるワールドラグビーが発行するルールブック)を見てください。規約やルールなどが書かれているこの冊子のトップには、何よりも先に、「品位」「情熱」「結束」「規律」「尊重」という5つのラグビー憲章が書かれています。

 この5つの憲章が、ラグビーの精神をつかさどっているんです。ラグビーというスポーツは、精神を守るために規則やルールでさえ毎年のように弾力的に細かく変えている。珍しいですよね。

嶋津昭(しまづ・あきら)
ラグビーW杯2019組織委員会事務総長。1943年生まれ。67年、自治省(現・総務省)入省。同省財務局長、総務省事務次官を歴任し、2002年に退官。同年、全国知事会事務総長、04年、野村総合研究所顧問などを経て、14年3月から現職(写真:吉成 大輔)

その5つの憲章が企業を引きつけていると。

嶋津氏:この5つの憲章の価値が、そのまま企業の目指すものと一致しているんですよ。だから企業はラグビーに引かれるんじゃないかと思っているんです。テレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」じゃないけど、企業活動とラグビーが重なる部分がある。

 御手洗会長も私もラグビーは素人です。でも、2人とも魅せられているんです。

W杯は一度きりのビッグイベント。一発勝負で成功しなければならないという組織をどう運営してきましたか。

嶋津氏:大会は組織委員会だけで運営しているのではありません。(統括組織である)ワールドラグビーや日本ラグビー協会はもちろん、12のスタジアムを運営する19の地方自治体やキャンプ地を引き受けてくれている自治体など、多様な主体がいる中で、協調しながら進めてきました。

 組織委は面白い組織ですね。自治体や企業からの出向者、プロパーで採用した人、ラグビー協会関係者。私は必要に応じて少しずつ少しずつ人数を増やし、今は300人います。開幕を控えてそのメンバーの大半が全国のスタジアムに散っている。そして大会が終わったら使命を終える。私もこうした組織は初めてです。