全11311文字

編集Y:アドネットワークは広告主さんの側から見れば、複数のウェブサイトにまとめて広告を出せる、メディア側から見れば、複数の広告主が広告枠に応札してくれて、見ている人に合わせて、ほぼリアルタイムに単価の高いものが表示される仕組み。「今、こんなプロファイルのユーザーが来たよ。広告出したい人、いる? いくら出す?」「じゃ、うちが●●円で」「売った!」で、広告が表示される。そんなやりとりを瞬時に行っている。

池田:そうですね。

編集Y:ここからは天に唾するのを百も承知でお聞きします。クリエーティブを作り込み、UI/UXを改善しCTR、クリックレートを引き上げる、というのはもちろん重要ですけれど、収益を考えれば実際に欲しいのは、広告へのアクセスじゃないですか。コンテンツを見やすくしようとすればするほど、広告を見せるのが難しくなるというジレンマがありますよね。その辺はどんなふうにお考えなんでしょうか。

トレーディングデスクの技術こそ収益のカギ

池田:まず、いたずらに広告枠を増やしたり、目立つところに置いたり大きく表示したりしたいとはあまり考えていません。「既存の枠の広告単価をいかに上げるか」ということを重視しています。

編集Y:それはどのように?

池田:我々は複数のアドネットワークと契約していて、社内のトレーディングデスクの部門が広告の入札情報をリアルタイムで見ています。高い広告と安い広告をオークションで競り合わせながら、いかに高い広告を持ってくるか、そこを日々チューニングしているんですね。

 そのトレーディングデスクの技術という部分では、おそらく国内でも有数なことをやっているつもりでおります。トレーディングデスクをやるためのツールももちろん存在します。多くの広告サーバーは、おそらく御社もそうかもしれませんが、グーグルさんのサーバーを使っているんですね。そこでトレーディングデスク用のツールも提供されている。

 グーグルさんのサーバーってすごく複雑で難しいんですけれども、そのサーバーの使い方を、グーグル側の立場でメディア側へ説明していた人間が今、我々にジョインして、弊社の役員になっているんです。アドネットワークの細かいところ、かゆいところまですべて理解している彼が、トレーディングデスク業務を担っています。

編集Y:ぼんやりとしか知らないんですが、トレーディングデスクって、広告主側が費用対効果を上げるために導入する業務のことだと思っていました。それもたいていは外注で。

池田:はい、DSP(Demand Side Platform、広告出稿側のプラットフォーム)に代表される仕組みですね。メディア側だとSSP(Supply Side Platform)になります。どちらも、特定の広告に興味関心の高いユーザーにターゲットを絞り、配信することで費用対効果、収益を上げるためのものですね。

一番高い入札を選ぶだけ、じゃないの?

編集Y:ALiNKの場合は、複数のSSPとDSPに対して自社で交渉しながら、独自にイールドマネジメントをしている。

池田:はい。これは相当に珍しいと思います。

編集Y:メディア側にとって一番もうかる広告を選んで表示させる技術を社内で持っている、そこの選択を広告代理店というか、アドネットワークに頼らない、頼り切らないというお話ですよね。

池田:そうです、そこの技術は我々の強みです。

編集Y:ごめんなさい、その辺、まったくの素人なので、「だってそんなの、入札の中から一番高いのを選ぶだけじゃないの」と思ってしまうんですが。

池田:そうはいきません。なかなか奥深いのですよ。

編集Y:どんなふうに奥深いんでしょう。

池田:まず事実上、アドネットワークはグーグルさんの広告サーバーを使う、というのが必須なんですね。世界的にスタンダードにこれが使われている状態になっているので。広告会社さんもグーグルのサーバーから吐き出された広告のログを見ながら、次の広告にアプローチしたりしています。

 我々も当然グーグルのサーバーを、月額いくらで、結構な金額を払っているんですね。有償ではあるんですが……。

編集Y:ははあ、結局、グーグルさんのサーバーだから、グーグルに何らかのメリット、例えば利益が厚い広告が優先的によく出るようになっている?