米ウォルト・ディズニーが世界で動画配信の会員数を増やし、テーマパークの事業も回復させている。創業から100周年という節目を2023年10月に控え、日本事業にも力を入れる。ウォルト・ディズニー・ジャパン(東京・港)のキャロル・チョイ社長に今後の戦略を聞いた。

キャロル・チョイ氏
キャロル・チョイ氏
米カルフォルニア大学ロサンゼルス校卒、南カリフォルニア大でMBA(経営学修士号)を取得。米ユニバーサル・ミュージックを経て2006年に米ウォルト・ディズニーに入社。中華圏のマーケティング担当バイスプレジデントや韓国法人のマネージング・ディレクターなどを務めた後、20年3月から現職。香港生まれ、米国育ち。(写真:伊藤 菜々子、以下同)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1853文字 / 全文1986文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。