エバーノート創業者で、現在はビデオ会議の新サービスmmhmmのCEOを務めるフィル・リービン氏にコミュニケーションの未来について語ってもらった。mmhmmはビデオの作成・視聴・会話が行えるウェブアプリだ。ビデオ会議サービス「Zoom」「Google Meet」「Microsoft Teams」などでも使用可能で、よりクリエーティブなビデオ空間を生み出すという。

 新型コロナウイルス禍にはリモートワークやオンライン会議が浸透したが、最近では徐々に出社する人が増えつつある。リービン氏は「ポストコロナ時代もリモート勤務は続く」と確信を持っているが、それはなぜか。新しいコミュニケーションのあり方とは。

フィル・リービン(Phil Libin)氏。
フィル・リービン(Phil Libin)氏。
米オールタートルズと米mmhmmの創業者であり、最高責任者(CEO)。クラウド上にドキュメントを保存するエバーノートを創業し、2007年にCEO就任。15年にCEOを退任。その後はベンチャーキャピタリストとしてスタートアップへの助言や投資を行っていた。

以前より新型コロナウイルス感染拡大が落ち着き、日本では出社する人が徐々に増えています。

フィル・リービン氏(以下、リービン氏):「リモートか出社か」は正しい選択肢ではないと思います。企業は「集約型と分散型」のどちらになりたいかを考えるべきです。

 集約型は特定の場所に集まる必要がある仕事。例えば工場、飲食、病院などですね。一方、パソコン業務や頭を使う仕事などは場所に縛りがないため、分散すればいい。慣れるのに時間はかかるでしょうが、メリットの多い分散型に変わっていくでしょう。「サンフランシスコ在住のエンジニア」などと選択肢を狭める必要もなくなるわけですから。

 不要な出社を社員に強いている企業は、とんでもないハンディを自ら背負っている。将来的には倒産する恐れがあります。「出社の必要はない」「どこで働いてもいい」と気がつくのが早ければ早いほど、優秀な人材を獲得できるし、企業として成長できる。すでに気がついた企業は増えているので、次の数年間で変わるのではないでしょうか。

 1つ強調したいのは、分散型は「在宅勤務」とは限らないということです。リモートワークと聞くと、多くの人が「在宅」を想像していると思うんです。本当は「どこからでも勤務」です。最も生産性の良い、美しい場所で勤務できるのです。会社のオフィスは最低限の労働環境は整っていますが、それ以上に快適な場所はありますよね。

 私は美術館や民泊、カフェなど多様な場所で働いています。新型コロナウイルス感染拡大直後には、急に家での勤務を強いられ、決して快適な労働環境ではなかったでしょう。しかし、感染拡大から2年がたち、環境を整える時間はありました。私はサンフランシスコから引っ越し、家賃が以前の5分の1ほどの、とてもすてきなエリアに住んでいます。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3295文字 / 全文4359文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。