全2981文字

日本のアニメは海外でヒットしていない?

 日本の漫画やアニメは海外市場で既に支持されているようにも見えるが。

青木氏:確かに、海外で大ヒットを記録した作品は少なくありません。ただ、改めて考えてみると、実は2000年代以前に始まった作品がほとんどで、最近のアニメはそこまで大きなヒットにはなっていないのです。

 一方で、ハリウッド映画は近年も世界的なヒットを記録する作品が出ています。私には、日本が世界に誇っていたはずのコンテンツ産業が米国に侵食されているようにも見えます。

(写真:村田 和聡)

天野氏:今のアニメ業界では初めからグローバルな視点でコンテンツを作っている人はとても限られています。青木さんとは今回のプロジェクトが初対面だったのですが、熱意を感じ、参加を決めました。私自身はやりたいことをやっているだけで、あまりグローバルを意識しているわけではないんですが(笑)。今日の青木さんの話を聞くだけでも「自分はそんなこと考えたこともなかったな」と思うようなことがいくつもあります。

「お決まりのポーズ」こそ重要

 日本のコンテンツ業界の未来を考えるうえで重要視している点は。

青木氏:日本のコンテンツ産業は先人が偉大なので、どうしてもそれに影響されてしまうのでしょう。

 コンテンツは、技術革新が起こらない世界です。自動車のように自動運転技術が登場するわけでもない。もちろん視聴するデバイスは変わりますが、中身は基本的に変わらない。どこまでいっても、ストーリーとキャラクターで勝負する必要があります。

 そういった環境で、気がつけば米国のコンテンツが勢いを増しています。もう一度日本が強い存在感を取り戻すには、コンテンツ作りの原点に戻らなくてはいけません。

天野氏:ハリウッド映画では、クライマックスでカッコイイポーズを取るということが「お決まり」になっていますよね。でも、お決まりでいいんです。タイミングよくカッコつければ、きちんとカッコイイ。水戸黄門が印籠を出すのだって、それと同じです。そういうカッコ良さに関して、日本の文化は十分良いものを持っていると思います。忍者や刀などは、特に見た目が映えますよね。そういった日本の文化を「ジビエート」は伝えていけるのではないでしょうか。

青木氏:そうです。ただ、日本の最先端のアニメでは、「お決まり」を避けるようになってきています。お決まりを重ねた結果、「オチを予想できる」というのが逆に日本のアニメファンにおいてはネックになってしまったのです。しかし、お決まりを否定しすぎると、最先端についてこられる一部のファンだけが産業を支える形になりかねません。

 新しくて古い、という言葉は使い古された感がありますが、日本のアニメの未来を考えたとき、「ジビエート」はそこを目指すべきなんじゃないかと私は思っています。