3月30日付でサッポロホールディングスの事業会社であるサッポロビールの社長に就任した野瀬裕之氏。コロナ禍で飲食市場に逆風が吹く中、「経営の一丁目一番地はビールブランドの強化」と、国内外での一段の成長を目指す。主力のビール事業に限らず焼酎事業などでもブランド構築で陣頭指揮を執ってきた。社員が活躍できる「適所」を会社が準備して「適材」を育成する。社長の務めはコア・コンピタンスであるビール事業の強化と、「適所適材」に配慮した社員の配置と語る野瀬社長に今後の展望を聞いた。

野瀬 裕之(のせ・ひろゆき)氏
サッポロビール代表取締役社長
1963年生まれ。福岡県出身。86年九州大学経済学部経営学科卒業、旧サッポロビール(現サッポロホールディングス)に入社。2011年焼酎戦略部長、12年ヱビスブランド戦略部長、13年ブランド戦略部長、15年取締役戦略企画部長、19年取締役常務執行役員営業本部長、20年取締役常務執行役員マーケティング本部長国内営業部門管掌を経て21年3月30日から現職(写真:北山宏一、以下同)

野瀬社長が感じるサッポロビールの強みとは何でしょうか。

野瀬裕之氏(以下、野瀬氏):国内の酒類事業に限ってお話しすれば、長い歴史に裏打ちされたストーリーのあるビールブランドを複数持っていることだと言えます。

 当社は2026年に創業150周年を迎えます。140年以上も連綿と受け継がれてきたブランドをお客さまが支援し続けてくれた。その根幹には創業以来、原料づくりからこだわる「ものづくり」があります。原料や醸造技術にこだわって、お客さまからも「職人的な仕事をする会社」として評価されているのは私たちの強みです。そのDNAはこれからも引き継いでいかなければなりません。

 しかし、商品がおいしいだけでは十分ではない。魅力的に見えないものは手に取ってもらえないからです。お客さまの目に魅力的に映る商品は時代によって変化します。ヱビスビールでは1994年から「ちょっと贅沢(ぜいたく)なビール」というキャッチコピーでお客さまに訴求しましたが、現在はプレミアムビールへの嗜好が変化してきました。

 では、魅力を高めるにはどうするか。それにはお客さまとのタッチポイント(接点)をもっと増やす活動が欠かせないと考えています。商品の歴史を強みに、その物語を魅力的に今日のお客さまに伝える。それが私の仕事だと感じています。

ヱビスビールのブランド・コンセプトを1月にリニューアルしました。市場の反響はどうでしょうか。

続きを読む 2/5 お客さまが納得する機能価値を提示

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。