アイリスオーヤマの大山健太郎会長は、新型コロナウイルスの感染拡大で政府が大規模な経済対策を打ち出したものの一時的な対策に過ぎないと受け止める。東日本大震災も経験してきた中で、「外出自粛の時期が終わっても、これまで通りの消費に戻るには数年かかるのではないか」と厳しい見通しを語った

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2683文字 / 全文2694文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。