施工不良に端を発したレオパレス21の経営に各方面から疑義が突き付けられている。経済的実害を受けた物件オーナーからの不満や訴訟に加え、大株主からはガバナンスが改善しない場合は全役員の解任を求めると迫られた。さらには経営悪化に備えたスポンサー候補としてソフトバンクと組んで名乗りを上げたインドの新興ホテル運営会社OYOホテルズアンドホームズも、資産査定の結果、手を引いていたことが明らかになった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2060文字 / 全文2071文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。