全1603文字

 キャッシュレスの敵は「現金」。キャッシュレス事業者は連携して普及に貢献する――。そんな美しい建前は、1年もたずに霧消した。LINEペイ、メルペイ、NTTドコモ、KDDIの4社は12月19日、QRコード決済が使える加盟店を協力して開拓する「モバイルペイメントアライアンス」を解消すると発表した。検索サイト「ヤフー」やPayPayをグループ内に持つZホールディングスとの経営統合を決めたLINEの「サービス方針の転換」が理由だ。

 このアライアンスはLINEペイとメルペイが19年3月に立ち上げ、6月にNTTドコモ、9月にKDDIが合流した。「加盟店の開拓は差別化のポイントではない。キャッシュレスが多くの店で使える環境が整ってから、サービスの質で勝負しよう」(メルペイ)という発想だった。

キャッシュレス決済事業者間の陣取り合戦は、激しさを増す(9月18日に東京・渋谷で開かれたメルペイカンファレンス2019で)