キャッシュレスの敵は「現金」。キャッシュレス事業者は連携して普及に貢献する――。そんな美しい建前は、1年もたずに霧消した。LINEペイ、メルペイ、NTTドコモ、KDDIの4社は12月19日、QRコード決済が使える加盟店を協力して開拓する「モバイルペイメントアライアンス」を解消すると発表した。検索サイト「ヤフー」やPayPayをグループ内に持つZホールディングスとの経営統合を決めたLINEの「サービス方針の転換」が理由だ。

 このアライアンスはLINEペイとメルペイが19年3月に立ち上げ、6月にNTTドコモ、9月にKDDIが合流した。「加盟店の開拓は差別化のポイントではない。キャッシュレスが多くの店で使える環境が整ってから、サービスの質で勝負しよう」(メルペイ)という発想だった。

キャッシュレス決済事業者間の陣取り合戦は、激しさを増す(9月18日に東京・渋谷で開かれたメルペイカンファレンス2019で)
キャッシュレス決済事業者間の陣取り合戦は、激しさを増す(9月18日に東京・渋谷で開かれたメルペイカンファレンス2019で)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1132文字 / 全文1491文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。