高級コスメショップが並ぶ銀座が変わりつつある。大手化粧品メーカーによる新たなサービスを導入した店舗の新設が相次いでいるからだ。

 12月4日には花王が「BEAUTY BASE by Kao」をオープン。コーセーは17日に「メゾン コーセー」を開業した。

花王は12月4日、「BEAUTY BASE by Kao」を開業(写真上)。コーセーは12月17日に「メゾン コーセー」をオープンした

 両店舗に共通するのは、個人の特性に合わせる「パーソナライズ」を意識したサービスが用意されていることだ。コーセーはパナソニックが開発した肌分析ミラー(鏡)を導入した。花王は2020年春から、皮脂に含まれる物質から肌状態を解析するサービスの実証実験を始める。両社とも顧客にとって最適な化粧品を提案するカウンセリングサービスを強化する狙いがある。

 かつて、大手化粧品メーカーは大量生産された商品を不特定多数に売り込む「マスマーケティング」で成長を続けてきた。だが、消費者が個々の好みに合った商品を選ぶようになり、かつてのマスマーケティングだけでは顧客の需要を捉えきれなくなっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1371文字 / 全文1794文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。