トヨタ自動車は2020年1月から定額制のサブスクリプションサービス「KINTO(キント)」のメニューを拡充する。ラインアップに16車種を追加し、割安に利用できる「中古車版」も新たに設ける。19年2月の事業開始後、11月までの申し込みは951件にとどまっているが、キントサービスを手がけるKINTOの小寺信也社長は「手応え」を口にする。

 キントは毎月定額を支払えば一定期間で新車を乗り換えられるサービス。例えば「KINTO ONE(キントワン)」では、3年ごとにトヨタ車を交換できる。頭金が不要で、任意保険や車両メンテナンスの料金も基本料金に含まれる。ウェブからの申し込みもできる新たな自動車の利用方法として、19年2月から東京で実証を始め、同7月からは全国の販売店に導入している。

 現在は全国の約5000の店舗で利用を受け付けているものの、認知度は2割に満たず、小寺氏も「お客さんの反応があまり良くなく、事業としては苦しんでいる」と打ち明ける。今後の見通しも「収益化には程遠く、(損益の分岐点となる)具体的な数値も持っていない」(小寺氏)。ただ、その一方で「実際に使った人のサービスへの評価は高い。手応えを感じている」(同)と話す。

 売上高30兆円のトヨタグループの中で、キントには大きく2つの役割がある。1つは新たな「トヨタファン」の開拓だ。11月までのキントの契約者は、18~29歳の若年層が約2割を占めた。トヨタの主要顧客は30代以上とみられ「これまで捕捉できていなかったお客様にリーチできている」(同)。ウェブで申し込んだ利用者の約7割が、これまでトヨタ車に乗っていなかった新規客だという。

 もう1つは「販売店での売り切り」にとどまらない、新たな顧客との接点づくりの模索だ。車との関わり方が「保有」から「利用」に変わるとされる中、キントはその解を探る1つの手段といえる。「車との間に距離がある人にも、車が楽しいものだと思ってもらえる仕組みで、これができているのはトヨタグループでも我々だけ」と小寺氏は胸を張る。

 業界をけん引するトヨタならではの「余裕」だが、今後のカギを握るのはやはり認知度だろう。テレビCMを強化する以外に、トヨタが注力するのがメニューの拡充だ。月額1万~2万円を想定する中古車版や、3年で3台を乗り換えられるプランなどを設定し、自動車を気軽に使ってもらえる環境づくりを目指す。

 トヨタは2020年5月から、4系列ある販売店のすべてで全車種の取り扱いを始めるなど、国内の販売改革を加速している。協力店も含めた販売店は全国に約6000あり、従業員は約11万人。いつまでも赤字というわけにはいかないが、「ハードルの低さ」が売りのキントはこれらのリソースを活用する「入り口」にもなる。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。