リクルートホールディングス株の上昇が止まらない。12月16日には時価総額が7兆円を超え、武田薬品工業を抜いて国内10位にランクイン。割高水準でも買いが集まる背景に、投資家がリスクを取り切れない不安が垣間見える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1116文字 / 全文1125文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。