外食宅配のウーバーイーツの配達員が組織する労働組合、ウーバーイーツユニオンは12月5日、米ウーバー・テクノロジーズの日本法人(東京・渋谷)を訪れ、団体交渉の実施と配達報酬引き下げの撤回を求める声明文を提出した。

ウーバーイーツの配達員らは12月5日、米ウーバー・テクノロジーズの日本法人を訪れ、報酬改定の撤回や団体交渉の実施を申し入れた
ウーバーイーツの配達員らは12月5日、米ウーバー・テクノロジーズの日本法人を訪れ、報酬改定の撤回や団体交渉の実施を申し入れた

 「運営側は報酬を一方的に改定した。今回のようなことがあれば、これを生業としている人は安定して働けない。よりよく働くためにも現場の声を聞いてほしいのに、ウーバーはずっと対応してくれない」。組合の執行委員長を務める前葉富雄氏は報道陣を前に憤りをあらわにした。

 ウーバーイーツでは11月29日に、東京エリアで荷物の受取料金や配達距離当たりの基本料金を引き下げるなど報酬体系が改定された。ウーバーの日本法人は「改定が配達員の収入に影響を与えることは想定していない」(広報担当者)と主張。一方、組合側は「1件ごとの収入は明らかに下がる。また改定についての合理的説明もない」と訴える。

 5日夕に配達員とともに会見した日本労働組合総連合会(連合)の神津里季生会長も「団交拒否は本来あり得ないし、ウーバーイーツの価格切り下げは一方的。これは安全に密接にかかわる問題でもある」と話す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1248文字 / 全文1745文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。