(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)
  

 運転中に携帯電話を操作する「ながら運転」を厳罰化する改正道路交通法が12月1日に施行された。スマートフォンの画面を注視したり、手に持って通話したりしながらの自動車運転に対する罰則が強化される。警察庁によると、普通車では反則金がこれまでの6000円から1万8000円となり、「ながら運転」で事故を起こした場合には即時に免許停止となる。

 ただ何がアウトで何がセーフなのか、一般的なドライバーにとっては基準が分かりにくい。例えば、電話をしていなくてもスマホを手に持っていることで違反となるケースもあり得る。「2秒ほど(スマホなどを)注視していれば違反になる」とされているが、警察が2秒を常に計測できるわけでもない。各都道府県の警察によって解釈が異なってくる可能性もある。

 とはいえ、事故の芽を事前に摘むという考えに対しては多くの人の賛同を得られるだろう。警察庁によれば携帯電話の使用に関連した交通事故の件数は2018年で2790件と、13年の2038件から約4割増えた。16年には、運転手がスマホでゲームをしながら運転していたトラックに男子児童がはねられ、死亡するという事故もあった。全国の交通事故の件数が減っているにもかかわらず、携帯電話やスマホを原因とする事故は増えている。

 業務上、従業員が運転席でスマホやカーナビの操作をする必要のある企業では、改正法への対応を進めている。タクシー・ハイヤー大手の日本交通は全社の掲示板で法改正を周知。「2秒以上注視すると罰則の範囲になる。カーナビや配車アプリへの対応でタブレットを操作する場面が増えているため、注意喚起している」(同社広報)という。

 タクシー事業などを手掛けるMKグループの広報担当者も「法改正は以前から分かっていたので乗務員の教育に力を入れており、特段戸惑ったといったことはない。迎車時にドライバーが顧客へ電話するが、必ず停車して連絡を取るように注意を促している」と言う。またカーナビ大手のJVCケンウッドは「法改正を受けて仕様などを変更したということはない。引き続き運転中の利用については注意喚起をしていきたい」としている。

 自動車メーカーが相次いで搭載している、自動ブレーキをはじめとした運転支援システムで事故を防げたケースも増えている。しかし、安全運転はドライバーに負う部分がまだ大きいのも事実だ。一般のドライバーにとっても、どうしてもスマホを使わなければならない場合には、まず停車するなどの心掛けがこれまで以上に重要になる。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 経産省のGX戦略キーマンが直言 水素、アンモニア、原発…日本企業の勝機

 日本企業にとって、脱炭素政策への対応が重要な経営課題になっています。上場企業であれば、グローバル投資家からの支持を得るために脱炭素に資するビジネスモデルの構築が求められています。サプライチェーン全体で仕組みを整える必要があり、企業規模の大小にかかわらず対応が急務です。
 日経ビジネスLIVEは9月8日(木)19:00~20:00に「経産省のGX戦略キーマンが直言 水素、アンモニア、原発…日本企業の勝機」と題してウェビナーを配信する予定です。登壇するのは、経済産業省でエネルギー政策を長く担当した経験を持つ、製造産業局長の山下隆一氏。業界横断的な取り組みが必須のGXに向け、どんなエコシステムを目指すべきかについて解説します。ウェビナー後半では視聴者の皆様からの質問にお答えします。ぜひ議論にご参加ください。

■開催日:2022年9月8日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:経産省のGX戦略キーマンが直言 水素、アンモニア、原発…日本企業の勝機
■講師:山下隆一・経済産業省製造産業局長
■モデレーター:日経ビジネス編集委員・安藤毅
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。
>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。