ソニーでテレビ事業などを担当する高木一郎専務が日経ビジネスなどのインタビューに応じた。大画面テレビの価格競争が激しくなる中、1000万台の販売台数へのこだわりを見せた。画質や音質などを追求する高付加価値路線は維持できるのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り933文字 / 全文940文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。