筆記具大手のぺんてる争奪戦が新たな展開を見せ始めた。文具最大手コクヨが突如表明した買収計画にぺんてるが反発、同じく文具大手のプラスをホワイトナイト(白馬の騎士)に仕立てて、徹底抗戦する構えに入った。それだけではない。ぺんてる・プラス陣営にはキングジムやニチバンといった上場企業も加わろうとしていることが日経ビジネスの取材で明らかになった。さながらコクヨ包囲網といった様相だ。業界最大手への対抗軸づくりは業界再編まで発展する可能性もはらむ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1690文字 / 全文1700文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。