イオンリテール(千葉市)は11月19日、消費者自身が貸し出し用の専用スマートフォンで商品のバーコードをスキャンし、専用レジで会計する新しい買い物スタイル「レジゴー」を、「イオン」および「イオンスタイル」の19店舗に導入したと発表した。今月末には20店舗になり、2021年度中には累計で100店舗以上の体制を目指す。レジゴーを使う顧客は、そうでない顧客に比べて購入点数が2割増えているという。スマホ画面で購入した商品を確認できるため、買い忘れを防ぐ効果などがある。レジゴー導入店舗の売り上げは約5%増えているという。新型コロナウイルスの感染拡大で人との接触を避ける消費者が増えていることも追い風になっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1630文字 / 全文1947文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。