EC(電子商取引)市場の急拡大で人手不足に悩まされてきた運輸業界。ドライバーを集めるには長時間労働の改善が欠かせない。ヤマト運輸が始めようとしているのは、経験や勘でトラックに荷物を積み込んでいる作業の一部自動化だ。遅れていた運輸のDX(デジタルトランスフォーメーション)が一歩進む。

 ヤマト運輸は11月5日、まず東京都内の配送センター1カ所に、荷物積み込み作業の効率化の仕組みを導入した。同社はEC事業者から個人や企業への配送を、全国の約1万6000人のパートナー事業者「EAZY CREW(イージークルー)」に委託しており、そのイージークルーの業務を改善する。順次、全国に展開していく。

荷台のどこに荷物を積んだらいいか、スマホ画面に表示してくれる
荷台のどこに荷物を積んだらいいか、スマホ画面に表示してくれる

 このソリューションでは、ドライバーがスマートフォンを荷物のQRコードにかざすだけで、トラックのどこに積んだらいいかを指示してくれる。

 荷台を2~4区分に分けて、最後のほうに配送する荷物は一番奥に、最初に配送する荷物は手前にといった指示が拡張現実(AR)の機能によって、浮かび上がるように表示され、機械的に積めるようになった。

 いちいち考える必要がなくなったため、積み込み作業のスピードが上がった。2020年6月から行っている実証実験では、積み込み作業の時間は従来に比べて約20%短くなった。

課題は約1万6000人の効率化

 「積み込み作業の効率化を図ることで、パートナー事業者であるイージークルーの配送品質の向上、負荷を軽減できる」とヤマト運輸の担当者は期待する。

 同社は20年3月にEC事業部を立ち上げ、同年6月からパートナーの協力を仰いできた。ただ、作業の効率は悪かった。パートナーの多くは配送の経験が浅く、積み込み作業でも苦労していた。

 ドライバーが伝票に印字された住所情報を基に、経験を頼りにして配送ルートを考えながら荷物を積む。配送する順番に、トラックの一番奥に積んだり、手前に積んだりしていた。いちいち考えながら荷物を積むため時間がかかっていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り673文字 / 全文1507文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。